病による違い

うつ病と躁鬱病について

現代人の多くが予備群とされているうつ病については日々研究が進められている。薬による治療は抗うつ薬を使用することが多い。医学的には気分障害の一種とされ身体的にも苦しい痛みを伴う場合もある。うつ病には躁とうつがあり、躁はうつの逆で気分が高まり続ける。うつは全ての面でやる気を喪失し最悪の場合、自殺願望を持つこともある。 医師による診断で治療を行うが、躁うつ病である患者が抗うつ薬の治療を行ってしまうと躁がさらにひどくなる。そのため患者が躁かうつかといった判断を慎重に行う必要がある。うつ病の人に対しては接し方という面で家族も気をつけなくてはならない。頑張れという言葉が禁句でありどちらかというと話しを聞くだけが良い。うつ病の人との接し方は相手の気持ちをくみ上げることが大事なのである。現在、うつ病の治療方法は薬やカウンセリングの他に音楽治療や磁気による治療方法の研究が進められている。

メンタルケアが必要な病気

うつ病は気分障害という病気である。仕事や勉強に対して全くやる気はないが、自分の好きなことには意欲的であるという人は病気とは言えない。嫌なことや気分がどうしてものらないといったことは誰にでもあり日常茶飯事である。心的なものによる精神疾患である場合が多いと言えるが、脳に異常があることからうつ病を引き起こしていることもあり、その場合は迷わず診療してもらうことが必要である。病院で診療してもらうにしろ、カウンセリングをするにしろ、現在では24時間インターネットサービスというものが普及しているのでネットを介した受付窓口で予約等のサービスを利用することが出来る。うつ病の接し方についてもインターネットで調べることが出来る。家族の誰かがうつ病であるのなら、家族一人ひとりが接し方というものを学ぶ必要があると言える。

Page Top